制震システム GVA

HOME > 制震システム GVA

想定外の地震に備える

想定外の揺れを70%軽減。制震システム(Ground Vibration Absorbing system)。
(株)建築工房大昇ではGVAを使った地震に強い家づくりをご提案致します。

耐震だけで大丈夫?地震エネルギー吸収システムGVA
あなたの住まいづくりにGVAをプラス。
GVA〔ジーバ〕とは、制震材を組み込んだダイヤモンド型の制震装置を建物に最適なバランスで設置するシステムのことです。 制震ダンパー、フレーム形状、設置バランスなどシステム全体で 最適なエネルギー吸収効果を建物に付加します。

1.揺れを最大70%*軽減します。
2.長く持続する強い揺れ、繰り返し発生する余震から建物を守ります。
3.大地震後の補修費用を大幅に軽減します。

建物の耐震性を高めるためには「耐力」だけではなく「変形(ねばり)」も大切にしようという事が認識され、「耐力」と「変形」を併せ持った「エネルギー」という量の重要性が定着してきました。建物の耐震性能を高めるためには、建物の「エネルギー吸収能力」を出来るだけ大きくすれば良いのです。
耐震装置GVAは、建物に入ってくる地震のエネルギーの一部を熱エネルギーに変換し、建物のエネルギー吸収能力を高める効果があります。
地震の力にブレーキをかければ、安全です。

< 現在主流の耐震壁 >地震と力勝負

阪神淡路大震災後、法律が見直され、耐震壁はより多くなりました。
しかし、想定外の地震では・・・

現在の構造計算では地震を横からの力としてとらえており、これを耐震壁の力で抵抗します。
ところが震度7のような大きな地震に対しては、

耐震壁の力が足らなかった場合には、損傷や倒壊に至ります。また、耐震壁は繰り返しの揺れで損傷し、持っていた力が衰えてしまうことがあります。

その他に重要なこととして建物の共振現象などがありますが、不確定なことが多いため、実際の被害想定まではなかなかできないのが現実なのです。
現在主流の耐震壁と制震システムGVA

< 最先端制震システム >地震を熱に変換

建物が受ける地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収します。

大きなダイヤモンド型ユニット

壁を全面に使った大きなダイヤモンドユニットは建物全体の振動を吸収する最適な形状です(特許)。40坪の建物には8ユニット設置することで、建物の脆さをカバーして、粘り強い建物に変身させることができます。

高層ビルの制震技術を木造住宅に応用

超高層ビルにも使われています。超高層ビル制震で活躍する、住友スリーエム製の粘弾性ダンパーを採用。70年以上の耐久を実験で確認しており、超高層ビルで40年以上の採用実績があります。

無垢材+リフレクティックス住宅の事ならお気軽にお問い合わせ下さい。